褒めて伸ばせ(人前で酷評しない)

このことは、勉強が大好きになった理由のところでもふれましたが、もう少し具体的に、日常での例を挙げてみました。
子どもを連れて知人と会った時に
「あら、大きくなったわねえ。さぞお勉強もできるんでしょう?」などと聞かれた際、「いやいや、それがからっきしダメで」とか、「図体ばかり大きくなって、デキは悪いんですよ」など
と、子どものことを悪く言う母親や父親はけっこういるんではないでしょうか?

私のうちの母もそうでした。実は、今でも全然変わっていませんが(笑) 
今でも、あまりいい気はしませんが・・・。

これは、絶対にやってはいけないことなんです。

親からしてみれば、それは謙遜の意味や、子どもに慢心させたくないという思いからであつても、子どもは目の前で自分を悪く言われると、そのまま受け取ってしまい、自身ややる気をなくし、トラウマになってしまうのです。

もし、家庭内で、いくら自信をつけさせる言葉がけを励行していたとしても、人前で酷評されると、子どものとっては大きなマイナスなってしまいます。

リンク集 家庭学習の指針

子供にとって最適な学習方法は何か? 家庭学習におけるいろいろな学習教材や塾、家庭教師、ネット塾の紹介をしています。
家庭学習の指針 学び舎

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ