子供への言葉がけが大切

日頃の子供への言葉がけは、とても大切です。
なぜなら、何気なく発した言葉が、子どもの心を躍動させることもあれば、傷つけてしまうこともあるからです。
子どもたちに「両親から言われて嬉しかった言葉を挙げてもらったところ、次のような言葉が並びました。

共通して言えることは、子供を尊重し、自信をつけさせて、自立心を養うことができるのです。

・ありがとう
・いい子だね
・うまくなったね
・えらいね
・面白いね

逆に、「両親から言われて嫌な気持ちになった言葉を挙げてもらったところ、次のような言葉が並びました。

・お姉ちゃんはできるのに、何であんたはできないの?
・いい加減にしなさい
・ちゃんとと言うことを聞きなさい
・あんたはママの子じゃない
・もう、おうちに入れないわよ
・早くしなさい
・ホントにバカなんだから
・だから言ったでしょ?
・ダメな子ね
・もう知らないからね

心当たりありませんか?
ネガティブな言葉がけをされ続けてきた子どもは、自分に自信がなく、自分を嫌いになるケースが多いのです。
したがって、当然、勉強もできなくなり、反抗的になったり、自閉症になったりする場合も多いのです。

リンク集 ネット塾ショウイン

ショウインは、古くから教育にコーチングを取り入れた最先端のネット塾です。
ネット塾ショウインはこんな会社です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ