勉強に集中できる時間

人間が集中できる時間は90分という話をよく聞きますが、これは、時と場合、個人差などで大きく変わります。90分というのは、あくまで一般的な話です。

では、幼児~小学校低学年の集中できる時間はどうかというと、これも一般的な話ですが15分だそうです。
15分を過ぎると飽きてしまって別のことをやりだすそうです。
実は、大人でも最も集中できる時間を調べると、やはり15分なんだそうです。

テレビの番組は、約15分ごとにCMが入りますが、これも人間の集中時間からきているのかもしれません。
生活の中でも電車の待ち時間や電車の遅れが15分だとあまり気にならないですが、15分を過ぎるとなぜかイライラしてきます。こうした心理的なところでも集中できる時間と関係しているのではないかと思います。

1日15分学習というものがありますが、これも人間が集中できる時間を使って効率的に学習する狙いがあると思います。

たとえば、小学生向け学習教材で有名なポピーでは、1回の学習(見開き2ページ)に必要な時間は、10~20分に設定されています。
ネット塾で有名なe点ネット塾の講義も1講義15分に設定されています。

関連情報
家庭学習の指針
e点ネット塾を考えている方へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ